クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌に感染することで起こるクラミジアは現代では性病の一つとして有名ですが、かつては目の病として認識されてました。
この性病は日本では最も患者数が多いと言われその数は100万人にものぼるとされます。
女性なら下腹部痛、おりものの増加や黄色いおりものが見られる、不正出血といった症状が見られ放置すると不妊の原因になる恐れがあります。

また妊娠中の場合早期流産になることもあります。
男性の場合尿道に軽い炎症が起こり排尿時に痒みがあったり、痛みを感じられます。
この他副睾丸が腫れたり、膿が出るといったケースも見られます。
しかしクラミジアの多くは自覚症状がなく女性なら約80%、男性なら約50%が不調に気づかないと言われます。

理由として性病の原因菌であるクラミジア・トラコマチスは人の細胞に感染してから増殖するまでに時間がかかることが挙げられます。
一つの細胞内に増殖できるまでこの原因菌は形態を変え続けるため、身体にある免疫反応は大きな反応を起こしづらく無症状であることが多くなります。
またクラミジア菌は体内で増殖する際、封入体を形成し一般細菌の約100分の1ほどの炎症を起こさず、これによっても免疫は反応しにくくなり症状がない理由の一つとして挙げられます。
重症化させないために病院や保健所等に行って、早期発見することが大切です。
ちなみにこの性病の原因菌の潜伏期間は個人差はあるものの約1週間から3週間とされます。

クラミジアの感染力は強く、性行為を初めとした原因行為を行うと約30%から50%の確率で体内に菌を侵入させる恐れがあります。
クラミジアの患者の多くは若者だと言われ、特に女性の場合全体の約6割が10代から20代だとされます。
この性病は放置すると男性と女性共に性器周辺の重大疾患の引き金になりやすく、最悪不妊になり子供を作れない体になる恐れがあります。
身体に不調や違和感があったら早めに医療機関で対処することが大切です。

性行為以外でクラミジアは感染する?

自覚症状の少ない性病である性器クラミジア感染症は、ほとんどが性行為が感染経路と言われます。
クラミジア菌が生息しやすい場所が人の粘膜であり、それが最も接触するのが性行為です。
粘膜以外では精液や血液、唾液、尿、カウパー腺液といったものも感染します。
その為一般的なセックスはもちろん、アナルセックスやオーラルセックスも経路として挙げられます。

またパートナーが咽頭クラミジアを発症していたら舌を相手の口に入れるディープキスによっても原因菌が侵入する可能性が高いです。
一応、性行為以外での感染の可能性も挙げられ、まずクラミジア菌は感染者の体液にも含まれていることがあります。
なのでそれに触れることで菌が体内に知らないうちに侵入することもありえます。
感染者が使用したタオルや便座といった人の体液が付着する確率が高い物や場所には注意が必要でしょう。
この他妊婦が病原体を持ったまま分娩時、産道の粘膜や血液を通して生まれてくる赤ちゃんに感染してしまう産道感染もあります。
体力が少なく、免疫機能が十分に働かない新生児がクラミジアになると重症化し将来的に後遺症が残ったり、生命の危機にさらされることがあります。

クラミジアは雑菌性の尿道炎と異なり簡単に死滅することはなく増殖を続けるので自然治癒はありません。
また1回感染したからといって耐性や免疫が可能でもありません。
この性病の原因菌は基本的に身体に常にいる常在菌ではないので、自然治癒という自身が持つ防衛機能では対処ができません。
病院から処方される薬剤で対処するのが健康体になる近道です。
基本的に完治できる性病ですが、クラミジアには多様性があり抗体ができても、新しく感染したクラミジアにはその抗体は反応しない理由から再感染しやすいので注意しましょう。