クラミジアというのは、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となって起きる感染症です。
この病気はいわゆる性感染症の一つで、日本ではもっとも感染者数の多い性感染症となっています。
クラミジアは感染してから発症するまでの期間が長く、自覚症状が出ないことも多いため、完治しにくい病気だとされています。

この病気を治療する場合には、いわゆる抗生物質や抗菌薬など、細菌の増殖を抑える薬が使われます。
クラミジアの治療薬として代表的なものには、マクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質、およびニューキノロン系の抗菌薬などがあります。
これらの薬には錠剤タイプのものやドライシロップタイプのものが多く、経口で服用することによってクラミジアを治療することができます。

マクロライド系の抗生物質の主成分は、エリスロマイシンやアジスロマイシンなどです。
これらの成分は、病原体となっている細菌のタンパク質合成を阻害することで抗菌効果を示します。
マクロライド系の抗生物質は副作用が少なく、幅広い病気の治療に使えることが特徴となっています。
服用方法は薬の種類によって違いますが、アジスロマイシンを主成分としているものであれば1日1回の服用で良く、治療にかかる期間は3日間ほどとなっています。

代表的な薬はジスロマックです。
いつ感染してもすぐに治療が出来るようにジスロマックを通販で事前に用意しましょう

テトラサイクリン系の抗生物質の主成分は、テトラサイクリンやミノサイクリンなどです。
こちらの有効成分も、病原体となっている微生物のタンパク質合成を阻害することによって抗菌効果を示します。
テトラサイクリン系の抗生物質は抗菌スペクトラムが広く、様々な感染症の治療に使えることが特徴です。
ミノサイクリンが含まれている薬をクラミジアの治療に使う場合には、1日1回~2回の服用となっています。
ただし、人によっては胃部不快感や腹痛、頭痛などの副作用が起きることもあります。

ニューキノロン系の抗菌薬としては、レボフロキサシンやシタフロキサシンなどを主成分としている薬があります。
これらの薬は、病原体となっている細菌のDNA複製を阻害することによって抗菌効果を発揮します。
服用方法としては、薬の種類や症状によっても違いますが、1日1回~3回程度経口で服用することになります。
副作用はあまりありませんが、人によっては発疹や下痢などの症状が出る場合があります。

クラミジアは抗菌薬で治療するのが良い

クラミジアを治療する場合には、このように抗生物質や抗菌薬などが使われます。
では、抗生物質と抗菌薬とではどのような違いがあるのでしょうか。
幅広い見方をすれば、実は抗生物質も抗菌薬の一種になります。
抗生物質というのは、微生物が作り出した抗菌効果のある化学物質のことです。
一方、抗菌薬というのは人工的に作られた抗菌効果のある化学物質のことになります。

クラミジアは、時間が経てば自然に治る病気だと思っている人も多くいます。
しかし、この考え方は正しくありません。
とくに女性の場合には自覚症状が出ないことも多いので、クラミジアに感染したまま気づかずに過ごしていることも多いのです。
クラミジアを完治させるためには、抗菌薬を使用してしっかりと病原菌を死滅させる必要があります。

では、これらの薬はどのようにして手に入れれば良いのでしょうか。
マクロライド系・テトラサイクリン系の抗生物質やニューキノロン系の抗菌薬は、医療用の医薬品となっているため、通常は病院で処方箋を書いてもらい、薬局から処方してもらう必要があります。
これらの薬には市販薬は存在していないので、処方箋なしにドラッグストアなどで購入することはできません。
医療用の医薬品を処方してもらうためには、病院できちんとした診断を受けなくてはいけないわけです。

しかし、これらの薬を通販で購入するという方法もあります。
それは、医薬品の個人輸入を行っているサイトを利用するという方法です。
個人輸入というのは、市販薬を通販で購入するのとは違い、医療用の医薬品の輸入を代行してくれる業者を通じて、海外から直接薬を取り寄せるという方法です。
個人輸入のサイトで販売されている医薬品は医療用となっているため、有効成分や効果・効能などは病院で処方されるものと同じになります。

クラミジアをしっかりと完治させたいと考えているのであれば、かゆみ止めなどの薬を使って自然に治るのを待つのではなく、病院で抗菌薬を処方してもらうか、あるいは個人輸入などを利用して医薬品を購入するのが良いでしょう。