クラミジアは性行為が原因で感染する病気で、感染した人の約半数が感染に気付かないといわれています。
自覚症状があり感染に気づいても恥ずかしいという気持ちから病院に行くのをためらうことが多いため放置したまま進行する病気です。

クラミジアは一度の性行為で感染する確率が約50%と高いのが特徴です。
男性が感染すると約1週間の潜伏期間を経て尿道炎の症状が見られますが、中には感染した当日症状を感じる人もいるようです。
無症状もしくは初期症状としておしっこをする時に痛みを感じる尿道炎や尿道の違和感、灼熱感などの症状があります。

1週間以上放置したままでいると病原菌が尿道の奥へと入っていき、前立腺に届くと前立腺炎を起こして陰部や足の付け根に鈍痛を感じるようになります。
症状は常に変化し、さらに進行すると副睾丸炎になります。
副睾丸炎になると高熱が出たり、激痛を感じます。
尿が赤くなる血精液症では鮮血が出ることもあるため驚く人もいるようです。
前立腺炎や血精液症が進行すると男性不妊症になる危険性があるため、できるだけ早く治療を始めるのが大切です。

女性のクラミジアの潜伏期間は2週間前後で、子宮頚管部の粘膜に感染します。
痛みを感じる神経がほとんどなく自覚症状を感じにくい場所ですが、膣内の抵抗力が低下するため、性器のかゆみやニオイのキツイおりもの、性交痛を感じるようになります。
妊娠中の女性が感染している場合、治療をしないまま出産すると赤ちゃんの肺炎や結膜炎の原因となってしまいます。

クラミジアの治療は約2週間から数か月を要するため初期段階での治療開始が重要なポイントです。
パートナーがいる人はどちらか片方だけが治療をしても性行為によってまた感染する可能性があるため、両者が治療を行う必要があります。

女性の方が自覚症状を感じにくいクラミジアですが、感染すると男女ともに不妊になる恐れがある怖い病気なので恥ずかしがらずに病院へ行きましょう。
症状に気づいたら速やかに病院へ行き、感染がわかったらパートナーにも話して一緒に治療を開始しましょう。

女性がクラミジアを放置した場合どうなる?

女性がクラミジアを放置していると、卵管がふさがり不妊症になって子供が望めないからだになる可能性があります。
感染している状態で出産すると赤ちゃんの肺炎や結膜炎の原因となるため、クラミジアを治療をしないまま出産をすることはないようです。

尿道口に感染する男性と違い女性の場合は子宮口付近に感染しますが、卵管と腹腔はつながっているため進行すると腹膜炎になることもあります。
肝臓の裏側に感染すると腹周囲炎を起こし激しい腹痛を感じます。

クラミジアは自覚症状を感じにくいため、感染しても気づかないまま進行したりパートナーにうつす恐れがある厄介な病気です。
性病にかかったというと世間体が悪いため病院へ行くのをためらう人が多く感染が広がる原因となっています。

雑菌性の病気と違いクラミジアは自然治癒はほぼないといっても過言ではありませんが、他の病気で処方された抗生物質のおかげで治癒することもまれにあるようです。
症状がない場合でも感染している事実は変わらないため人にうつすリスクがあり、パートナーのどちらか一方の治療では再感染する可能性が高くあることを忘れてはいけません。

自覚症状がないまま性行為を繰り返すと治らないばかりか、男女ともに不妊症になるおそれがあるので十分に注意し、感染の可能性がある場合や症状が見られたらすみやかに医師の診察を受けましょう。
自己判断で治療を中断すると菌が死滅せず再発したり、薬に耐性のある菌が生まれて治療が困難になるので気をつける必要があります。

日頃から体調を管理し、クラミジアに感染したかもと思ったらためらわず病院へ行くこと、パートナーに話して同時に治療を開始するのがクラミジアを完治させる必須条件です。