前立腺炎が悪化すると会陰部や下腹部・祖頸部・内腿などの痛みは激しくなっていきます。
更に副睾丸炎とまでなると鋭い痛みや発熱・腫れなどが起こるためだれもが「恥ずかしいから医師に診せるのはちょっと」などとは言ってられずに病院に駆け込むことになるでしょう。

ただし、初期段階の前立腺炎はそれほど強い痛みはありません。
ちょっとした違和感を感じる程度なのでいつか治るだろうと放置してしまうのです。

クラミジア自体も症状が分かりにくい病気です。
女性感染者が多いのは感染しても75パーセントもの方が無症状だから、男性も50パーセントの方は気づかないのです。
症状が出てくるまでに1週間から3週間もかかるし、たとえ症状が出てきたとしても気づかない、だからこそどんどん広がっていく一方なのです。

とはいえ、男性であれば残りの50パーセントは何らかの違和感を感じているのです。
それがクラミジアの症状であるということを知識として知っていればすぐに治療することができますし、たとえ知らなくとも下半身の違和感があればとりあえずキットを取寄せして調べてみるという習慣にしておけば大事には至りません。

女性の場合、まずは膣の奥・子宮の入り口である子宮頸管部粘膜に感染します。
男性の前立腺同様に、こちらも痛みを感じる神経がほとんどないため、感染しても分からないのです。
更に膣内に進んでいって膣炎が起こり、性器のかゆみを感じたり、オリモノが汚くなったり、性器のにおいがきつくなったり、性行為をしたときに痛みを伴うようになってきて初めてもしかしたらと思うのです。
それでも恥ずかしいからと我慢していると細菌はどんどん奥へと進んでいき、子宮内膜炎・卵管炎・腹膜炎となり流産や生理痛、そして不妊症の原因となってしまいます。

一方、男性の方はまず尿道炎が起こります。尿道に感染するのです。
排尿痛があり、おしっこをするときに痛みを感じたりしみる、熱を感じるというのは感染している可能性も高いです。
排尿痛のように痛みがあるのならすぐにでも病院に行きそうなものですが、クラミジアの排尿痛というのはそれほどの痛みを伴わないのです。
むしろむずがゆいといった感じで痒みを感じる方がほとんどです。
だからこそ放置してしまうのです。
やがて前立腺が炎症を起こすと腫れて尿道を圧迫するので、排尿がうまくいかなくなり、残尿感・頻尿などの症状が出ることになります。

尿道炎になると尿道の粘膜が炎症を起こすことから膿が出てきます。膿の色は白色です。
ドロドロというよりもさらっとした水っぽい膿で、唾液のような感じです。
違和感が感じられたときには先端に向かって男性器を搾り出してみてください。
尿道に溜まった膿の存在を確認することができます。朝起きたときに乾燥した状態で下着に付いていることもあります。

前立腺から睾丸に達すると寒気や発熱といった症状が出ます。
これは副睾丸が炎症を起こしているのです。ここまで来て気づかない方はいないでしょう。
陰嚢が熱を持ったことで発熱・悪寒など全身に症状が広がるのです。
触っただけでも痛く、歩いても痛いので日常生活を送ることも困難になります。
ただし、クラミジア由来の副睾丸炎の場合、症状が軽度で膿尿さえみられない場合もあるため注意が必要です。

いずれにしても、治療方法といえばクラミジア・トラコマチスをなんとかしなければなりません。
抗菌薬を経口または注射・点滴などで投与することになります。
副睾丸炎までなっているのであれば、安静にしつつ、局所に冷湿布を貼ったり、消炎鎮痛剤を使用したりします。
激しい運動も数ヶ月間は禁止です。お酒も止められます。
2週間から3週間すれば副睾丸の肥大は収まるものの、しこりはなかなか消えず小さく残ることも。
また後遺症として精路閉塞や男性不妊となることもあるのです。